ダウンロード

2022/06/02

Season3 アップデートノート  

『FINAL FANTASY VII THE FIRST SOLDIER(以下、FF7FS)』のプレイヤーの皆さま、プロデューサーの市川です。 今回は、本日配信を開始しました「Season3 Highway Star」のアップデート内容をまとめた特別編【Season3 アップデートノート】として情報をお届けします! 本アップデートに合わせた調整や機能追加などについても詳細を記載しておりますので、是非最後までお付き合いいただけたら幸いです!

Season3アップデート情報

新マップ「MIDGAR PLATESIDE」

Season3より新たなMAPが登場します。 新マップ「MIDGAR PLATESIDE」は、ミッドガルのプレート上層である都市部分をイメージしたマップとなっております。これまでのマップ「MIDGAR SLUMS」と比べると若干狭いのですが、高速道路やビル群など、高低差のある市街地戦が楽しめる構成となっております。 また、本MAPはMAPサイズを考慮し、最大60人でのマッチとなっております。

ガードスコーピオンと熱戦を繰り広げた『壱番魔晄炉』やエアリスと出会った『八番街』など、ファンならば思わずにやりとするロケーションが数々用意されているだけでなく、FF7FSならではのオリジナル要素もふんだんに盛り込んだマップとなっております。 また、一定確率で夜MAPとなることがあります。

さらに、新マップはプレート上部ということで、うっかり「落下」しないようにお気を付けください。 壱番魔晄炉やプレート境界の周辺はエアロや近接攻撃などの吹き飛ばしを受けて落下してしまうとそのまま死亡となってしまいます。

また、壱番魔晄炉内は魔晄が溢れるエリア「魔晄だまり」が存在します。 足を踏み入れるとスリップダメージが発生してしまうので、魔晄炉内の戦闘時は足元にもご注意ください。

新マップ「MIDGAR PLATESIDE」と旧MAP「MIDGAR SLUMS」は30分ごとの切り替え運用となります。 ◆切り替え運用イメージ

ソロ チーム
ランクマッチ 新マップ 新マップ
メインマッチ 旧マップ 旧マップ
30分後
ソロ チーム
旧マップ 旧マップ
新マップ 新マップ

新モンスター:警備兵、ガードハウンド

MIDGAR PLATESIDE」用の新モンスターとして「警備兵」「ガードハウンド」が新たに登場します。

「警備兵」と「ガードハウンド」は一緒に存在することが多く、銃撃の遠距離攻撃と近接攻撃を併せて行ってくるため、特に序盤で出会うと厄介な敵になります。 また、一部の警備兵はショットガンを装備しており、非常に威力の高い攻撃を行ってくる場合があります。

新スタイル「マシーナリー」

Season3より新たなスタイル『マシーナリー』が登場します。 『マシーナリー』は「ガジェット」を駆使した戦術が特徴で、自身で作り出した「ガジェット」に飛び乗って高速移動や誘導ミサイル爆撃を行う攻撃的なアビリティだけでなく、「ガジェット」を投げ込み、一時的に銃が使用できない妨害フィールドを発生させるアビリティなど、多様な立ち回りが可能なスタイルとなっております。 ▼スタイル特性:サポートギア アビリティで作成したガジェットが壊れると、サポートギアを最大3個まで生成します。 サポートギアは120秒で揮発してしまいますが、生成されている間、1つにつき3%のダメージ軽減効果が発揮されます。

また、アビリティとして『エアガジェット』と『ジャミングガジェット』を持ちます。 ▼アビリティ①:エアガジェット 乗り物型ガジェットを生成し、乗車することが可能。 ジャンプやダッシュだけでなく、誘導ミサイルを射出することができる他、エアガジェットから飛び降りるとまっすぐ自動走行し、直線状にいる敵や障害物に接触することで爆発し、ダメージを与えることが可能。 ※エアガジェットの最大HPは400で、1秒当たり5ずつHPが減少し、HPが0になるとその場で爆発して自壊します。

▼アビリティ②:ジャミングガジェット 直径30mの特殊領域を生成する投擲型ガジェット。約30秒間、特殊領域内のすべてのモンスター、候補兵の銃火器を使用不可にし、2秒ごとに最大4ダメージの継続ダメージを与える。 なお、ジャミングガジェットは最大HP50のみなので、攻撃することで破壊することが可能。

そして、スタイルスキルとして3つのスキルから習得可能です。 マシーナリーのスキルは全て特性であるサポートギアに追加効果をもたらすものとなっております。 ▼スキル①:ショットギア プレイヤーが射撃をヒットさせたモンスター、敵候補兵に対し、一定間隔でサポートギアが追加の射撃攻撃を行う。(1発あたり最大9ダメージ)

▼スキル②: ヒールギア プレイヤーのHPが一定以下になった際に、サポートギアを1つ揮発してHPを最大40回復する。

▼スキル③: ブラストギア 敵候補兵が10m以内にいる状態で自身がダメージを受けたとき、サポートギアが1つ自爆し、周囲に最大20ダメージの吹き飛ばし攻撃を行う。

新武器:『サーペントランチャー』『デュアルホイール』

SEASON3より2つの新たな銃が実装されます。 ▼『サーペントランチャー』 補給物資や特殊倉庫から入手が可能なレジェンド銃。 着弾時に爆発するロケットランチャーで、装弾数は4発のみと少ない分、1発100ダメージと高威力を誇る武器です。 特に対物の威力倍率は高く、車やバイクなどの乗り物を一撃で破壊できる威力があります。

▼『デュアルホイール』 主に補給コンテナや宝箱から入手が可能です。 ただし、出現率が低いため、グッドチョイスをうまく使うのがおすすめです。 2つのモードを持つ特殊なアサルトライフルで、専用の『魔晄弾』という緑色のパッケージの弾薬を消費する銃となっています。

通常のアサルトライフルモードはゲージ型の銃となっており、射撃するとゲージが減少し、射撃をやめるとゲージが自動回復します。ゲージが0になるとリロードが発生する点は一般的な銃と同様ですが、ゲージが0になる前に射撃をやめることでリロードの隙を作らずに継続的な攻撃が可能となります。 また、MPを2消費してチャージすることでショットガンモードに変化し、3発限定ですが、高威力広範囲の攻撃が可能な近距離戦闘に特化した性能となります。

新マテリア:『ウォータ』

Season3より、新マテリア『ウォータ』が登場します。 敵をロックオンし、放物線軌道にてホーミング攻撃をすることができるため、遮蔽物に隠れた敵にも有効な攻撃手段となります。 また、「ウォータ」を飛ばす軌跡は左右と真ん中の3パターンを選択可能で、バーチャルパッドで指示した方向の軌跡で射出されます ※消費MPは「1」で、1発当たり20ダメージの水弾をレベルに応じて最大3つ射出します。 ※ソーサラーが使用する場合、水弾のサイズが1.5倍となり、爆発範囲が拡大されます。

新アクセサリー

Season3より、合計9種の新アクセサリーが追加されるだけでなく、既存のアクセサリーについても入れ替えや改修を実施しております。 具体的には下記をご覧ください。

攻撃系アクセサリー

▼『イフリートベルト』 効果発動対象:サブマシンガン(SMG)/ショットガン(SG) 敵候補兵をキルすることで瞬時にリロードし、50秒間効果対象の銃の威力を20%アップする ▼『シヴァバングル』 効果発動対象:アサルトライフル(AR) 銃撃が当たった対象を0.4秒間、移動速度低下(スロウ)状態にする ▼『バイオバングル』 効果発動対象:ハンドガン(HG)/スナイパーライフル(SR) 銃撃が当たった対象を5秒間バイオ状態にする ▼『ドレインベルト』 効果発動対象:ライトマシンガン(LMG) 銃撃を敵に当てるたび、1発につきHPを5回復する この効果はバイオ状態でも発動する

防御系アクセサリー

▼『ファイアバングル』 ファイア系のダメージを半減する ▼『ブリザドバングル』 ブリザド系のダメージを半減し、スロウ効果を無効化する ▼『サンダーバングル』 サンダー系のダメージを半減し、フラッシュ効果を無効化する ▼『星のペンダント』 毒効果を無効化する ▼『タリスマン』 MPの自動回復速度を30%アップする ※マジカルスポットとのMP回復速度効果と重複はしません

既存アクセサリー

▼『タマのすず』 5秒ごとにHPを5回復する(2回復→5回復に強化) ▼『フレアリング』 爆発系のダメージを半減する(無効化→半減に変更) ▼『グッドチョイス』 宝箱開封時に追加するアイテムのラインナップを変更 ・ギル ・ハイポーション ・各種マテリア(エピック以上) ・各種アクセサリー(エピック以上) ・ユニーク銃以外のレジェンド銃 ▼『ジュエルペンダント』『ダッシューズ』 Season3では出現しないように変更

アクセサリー宝箱

アクセサリーが確定で入手できる専用宝箱が登場。 アクセサリー宝箱からは新規の攻撃系/防御系のエピック以上のレアリティのアクセサリーが超高確率で入手可能 ※新規アクセサリーはその他の入手方法からも低確率で入手可能です。

新コレクション

Season3では「フィーラー」をテーマにした新たなコレクションアイテムと交換が可能です。 

FF7Rで登場した”運命の番人”である「フィーラー」。今回のコレクションで交換可能なスキンには「フィーラー」の姿が変わる「フィーラー=プラエコ」や「フィーラー=ヴェルデ」等のスキンも登場します。

エイムアシスト/距離減衰の調整

Season3より、銃のエイムアシストを強化いたします。 本調整は、スキルやマテリアを駆使することで様々な移動/回避行動ができることがFF7FSの良さである一方、射撃対象が高速で多様な行動をとれてしまう現状がモバイルシュータージャンルとしては非常にエイミングが難しいゲームになってしまっていることを課題としたことが背景にあります。 特に初中級者の方に向けてのエイミング補助を目的とし、モバイルシューターとして適正な遊びやすさを目指した調整を実施してまいります。 具体的に下記2点の調整と機能追加を行います。 ▼『エイム方向調整』の強化 ターゲットの移動に対してエイムの方向を追従させるアシスト ※30m~50mのときに最大まで効果を発揮し、150m以降は無効化される ▼『カメラ感度補正』の機能追加 照準を定めるときにターゲットに近づくとカメラ移動速度が遅くなる 本機能追加に伴い、「設定>操作」画面に「エイムアシスト設定」オプションも新たに追加となります。

また、エイムアシスト強化に合わせて距離による威力の減衰調整を同時に実施いたします。 これまでは各銃種の弾が届く範囲ギリギリまで同一のダメージが発生しておりましたが、Season3からは距離が遠くなるほど威力が減少する仕様となります。 これにより、近距離で特に威力を発揮するショットガンなどは一定距離以降で大きく威力が低減し、逆にスナイパーライフルのような長距離で活躍する銃は安定して長距離でもダメージを出せるようになります。 距離減衰を考慮した各銃種の適正戦闘範囲を参考までにまとめております。 ※本調整に伴い、後述致しますクラッシュ対策の一環として銃弾の最長飛距離を500mから400mに調整いたします。 各銃種における射程距離と距離に応じてのダメージ減少割合を調整。

※銃種ごとの基本イメージ

クラッシュ対策

今までに実施しましたクラッシュ対応の効果として、現状のクラッシュ発生率としては一桁台を維持している状況ではありますが、Season3より更なる対策を実施いたします。 ・自分及びチームメンバー以外のキャラクタースキンを標準化するグラフィックオプションの追加 本オプションを適応することで、自分とチームメンバー以外の敵候補兵のスキンが全て『候補兵♂♀』の表示に固定化されます。また、一度拾った銃や乗車した乗り物もスキン適用されない形となります。 ・MAP遠景やアクター(プレイヤーやアイテムなどの総称)の表示及び同期距離の調整 メモリ負荷状況を鑑み、ゲームプレイに影響の無い範囲で表示及び同期距離の調整を実施いたします。 これにより、今まで400mよりも若干遠い距離でも表示されていたプレイヤーモデルが400mからの表示に変更されるなど、一部のモデルにおいて、これまで視認できていた距離で表示されなくなることがあります。 ※本調整に伴い銃弾の最長飛距離が500mから400mに変更になります。 また、お客様からクラッシュが低減したという声をいただいている一方で、ヒッチ(画面が瞬間的にフリーズする現象)が発生しやすくなったという状況も確認しております。 クラッシュ対策を最優先としておりましたが、ヒッチにつきましてもプレイ環境として重要であるという認識でございますので、引き続き品質改善に努めてまいります。

バランス調整

▼AR(アサルトライフル) Season2でも一強独占となっていた『リーサルゲイズ』を中心に、他のARが選択肢に入るようバランスを調整しました。 ・『リーサルゲイズ』  ⇒ 装弾数を減少。  ⇒他ARと比較して銃弾の最長飛距離がやや短い ・『バトルライフルMOD2』  ⇒ 装弾数を増加。 ・『神羅乙式突撃銃』  ⇒ 基礎ダメージを増加。 ▼SR(スナイパーライフル) これまでにダメージの減少、距離による威力の減衰などの下方調整により採用率が減少していた『エグザキューターγ』の強化調整に伴いSRのダメージを上方調整いたしました。 ・『エグザキューターγ』  ⇒ 基礎ダメージを増加。  ⇒ ヘッドショット倍率を増加。 ・『五式狙撃銃』  ⇒ 基礎ダメージを増加 ▼LMG(ライトマシンガン) ファイアレートが他の銃より劣るインフェルノブラストや射撃までの時間がかかるイグナイトグリフォンは利用者が少ないものとなっていましたが、ダメージによるリターンが感じられるよう上方調整を実施します。 また、距離による威力減衰の調整において、長距離でのダメージがARよりも若干上回るように調整を行い、より広いレンジでの戦闘が可能な形に調整しております。 ・『インフェルノブラスト』  ⇒ 基礎ダメージを増加。 ・『イグナイトグリフォン』  ⇒ 基礎ダメージを増加。 ▼SG(ショットガン) 距離による威力減衰が調整されましたが、その影響を受けない近距離で脅威的なキル性能を持つエクリプスイーターの調整を実施しました。 ・『エクリプスイーター』  ⇒ 基礎ダメージを減少。  ⇒ 装弾数を減少。 ▼HG(ハンドガン) 愛好家も多いレイジリボルバーですが、クロスレンジでの射撃戦において、自動射撃とヘッドショットを掛け合わせた時に起きるダメージ効率の高さを鑑み、調整を実施しました。 ・『レイジリボルバー』  ⇒ヘッドショット倍率を減少。  ⇒レアリティレジェンド以外の発射間隔を延長。 ▼ユニーク銃 Season2で猛威を振るっていた『フレアスロアー』と『インフェルノキャノン』はシーズン3の開幕時には一旦お休みとなります。また、旧来のユニーク銃にもスポットを当てていく取り組みとして、今回はブレードディスクランチャーの強化調整を行いました。 ・『ブレードディスクランチャー』  ⇒発射間隔を短縮。  ⇒弾速を増加。 ・『フレアスロアー』、『インフェルノキャノン』  ⇒アイテムドロップを停止

スタイル

▼ 『レンジャー』 ・スタイルスキル『スナイパーアイ』強化  ⇒ 対象に付与したマーカーがチームメンバーにも共有される仕様に変更

マテリア

▼ 『バイオ』 毒効果を受けた時の効果時間が最長で30秒間と長時間に渡っていた状況を鑑み、適切なテンポで戦闘に復帰できるように毒効果時間の短縮調整を実施しました。 ▼『エアロ』 移動から戦闘まで多様な使い道がありますが、戦闘中にエアロでジャンプを繰り返す戦術は終盤における戦闘テンポの悪化要因でもあるため、出現したエアロの継続時間を短縮する調整を行いました。 ▼『コメット』 強大な威力のマテリアですが、発動に時間を要していたため、攻撃を命中させられることは多くはありませんでした。 本アップデートにより、発動後からコメット落下までを大幅に短縮しました。 また、発動時間の短縮による命中率アップを考慮し、1発当たりの基礎ダメージを減少します。  ⇒コメット発動後の隕石の落下開始時間を大幅に短縮  ⇒隕石1発当たりのダメージを減少 ▼『イフリート』 これまで索敵時間が長く設けられていましたが、よりアクティブに活躍できるよう強化調整を行いました。  ⇒召喚者がダメージを与えた候補兵を優先ターゲットとして追尾するように変更  ⇒攻撃行動を行う間隔を短縮  ⇒移動時のワープ位置の調整 ▼『シヴァ』 Season3開幕時は、アイテムドロップ停止として、しばらくお休みさせていただきます。 将来、より強力な召喚マテリアとなって帰ってくることをご期待ください。

その他

▼ 『ポーション』の使用制限 空中戦を多用するプレイスタイルにおいて、ポーションを空中滞在時に使用する行動は、その攻撃テクニックと合わせて隙がなく、優位性がありすぎると判断し、回復行動を地上のみで行う仕様に変更することに決定しました。  ⇒ ジャンプ中など空中にいる時にポーションの使用ができないように変更 ▼『バハムート宝箱』の出現停止 Season3開幕時には『バハムート宝箱』は非登場となります。 ▼『フラッシュ効果』の調整 フラッシュ効果を受けた際、近接攻撃のターゲットロックができなくなるよう調整 ▼『訓練フィールド』の収縮設定 これまでファイナルフェーズ以降は最後の一人が決まるまで安全地帯の大きさは変わらず、一定時間ごとに位置が移動し続ける仕様となっておりました。 しかし、直近の戦闘傾向が長時間化していることを鑑み、一定時間経過後に強制的に安全地帯が収縮する仕様を実装いたします。  ⇒ファイナルフェーズ4回目の移動後、ファイナルフェーズ5回目の移動開始に合わせて安全地帯が収縮し、半径0mになるまで収縮する仕様に変更  ※最終収縮となる4回目の移動後の表示は、ミニマップに安全地帯の移動先が表示されず、最終収縮中心地点まで白い点線のガイドが表示されるようになります。

機能追加

フリーウォークモード追加

これまで要望の多かった、バトルMAPを自由に歩けるモードを実装いたします。 各ロケーションでパーティーメンバーと交流を楽しむことや、バトルを有利に進めるための地形把握など、皆さまの好きなようにミッドガルを散策していただけます。

プライベートマッチの正式リリース

Season3開始に合わせてプライベートマッチをリリースいたします。 『プライベートマッチキー』を使用することで最大75名でのルームを作成することが可能です。 今回リリース版のプライベートマッチはバトルロイヤルルールでのオーソドックスな調整項目のみとなっておりますが、今後も継続的なアップデートを予定しております。 6月3日修正:※MIDGAR SLUMS/MIDGAR PLATESIDEを選択可能ですが、負荷影響を鑑みMIDGAR PLATESIDEについては最大プレイヤー人数は30人となります。 ※『プライベートマッチキー』は、プライべートマッチのルーム作成時及び参加者確認画面にて購入が可能です。

「ソルジャーゼロ」ランク昇格に必要なRPの表示

これまで上位500名が到達条件とだけ公開されていたソルジャー0ですが、ソルジャー0に昇格するために必要なRPが確認できる機能を追加します。

不具合修正

・iOSでコントローラー操作時においてRトリガーを離しても射撃が止まらない不具合を修正 ・PHSで復活した時のヘリのSEが聞こえない不具合を修正を修正 ・スペックを満たしているがグラフィック「最高」が設定できない端末がある不具合を修正 ・バトル開始時のヘリ演出で、自身と同じスキンのヘリがもう1台映りこむ場合がある不具合を修正 ・伏せを行った際に正面を向いていないことがある不具合を修正 ・NPCが所持するアイテムの抽選処理を修正 ・一部ボスの挙動を修正 ・その他軽微な不具合修正 最後に、アンバサダーミーティングにてご指摘があったリリース初期のレティクルデザインの変更について回答させていただきます。 調査の結果、リリース初期のレティクル表示が正しい状態ではなく、自動射撃の発射時の丸枠が常時表示されてしまうという二重表示が発生していたため、12月初旬のアップデートにて軽微な不具合として修正を行っていたことをご報告させていただきます。

【Season3 アップデートノート】はいかがでしたでしょうか。 まずは「新マップ」や「マシーナリー」「ウォータ」などの新環境のアップデートを思う存分お楽しみにいただきたいと思っておりますが、その他にもSeason3は追加のアップデートを計画中です。 Season2で好評を博していた「ブリッツモード:神羅ビル」はさらに磨きをかけてSeason3中の再登場を予定しているほか、夏をテーマにしたイベントの開催、そして未だべールに包まれている『VARIANT MODE』などなど… 『VARIANT MODE』は生放送でも触れることができませんでしたので、ここで少しだけ・・・ まず、これまでのどのバトルコンテンツとも違う対戦コンテンツとなり、新たな可能性が大きく広がると考えています。 まだ明確には公表はできませんが、ヒントは「ヴァリアント=変形、変種」です。 もちろん、カスタム要素の実装を進めているプライベートマッチへの展開含めて開発を進めておりますので、今後の続報をお待ちくださいませ。 是非今年の夏はFF7FSで熱い夏をお楽しみいただければと思います! 引き続き、『FINAL FANTASY VII THE FIRST SOLDIER』をご愛顧いただけますようよろしくお願いいたします。

PAGE TOP