ダウンロード

2022/07/19

運営便りvol.8

『FINAL FANTASY VII THE FIRST SOLDIER(以下、FF7FS)』のプレイヤーの皆さま、プロデューサーの市川です。 7月10日に開催したFF7FS初の公式大会決勝、参加された方も動画で応援されていた方もお楽しみいただけましたでしょうか。放送中は緊張もありましたが、目の前で展開される白熱したバトルに思わず熱くなり、私も楽しみながら実況席でご一緒させていただきました。 決勝に参加された皆さま、本当にお疲れ様でした。 さて、本日は運営便りvol.8ということで、少しご無沙汰にはなってしまいましたが、暑い夏をさらに熱くする、そんな情報をお届けできればと思います。

『THE FIRST SOLDIER CHAMPIONSHIP』の振り返り

7月10日に開催した『THE FIRST SOLDIER CHAMPIONSHIP』の決勝では、FF7FSのトッププレイヤーの皆様が腕を競い合う、頂上決戦と呼ぶにふさわしい戦いを繰り広げていただきました。 そんなトッププレイヤーの方々がどんな構成でバトルに挑んでいたのか、気になる方も少なくないと思います。 今回は大会決勝の参加した皆さまの、使用スタイルやマテリアの傾向をまとめました。

【スタイル使用率】

順位 スタイル 使用率
1 ニンジャ 27.3%
2 ソーサラー 25.1%
3 レンジャー 17.0%
4 ドラグーン 13.0%
5 ウォリアー 7.3%
6 マシーナリー 6.8%
7 モンク 3.5%

まず、全体の使用スタイルで目につくのは『レンジャー』の使用率です。 チーム戦、特に実力が拮抗している戦いでは位置取りなどの情報の価値は高く、上位のチームにて採用率の高い結果となっておりました。一方、『ウォリアー』は通常のマッチと比べると低い採用率となっており、今回の大会環境が中距離での銃撃戦に重きが置かれていたことが分かる形となっておりました。 また、『マシーナリー』も一桁台の採用となっておりますが、大会で使用していたプレイヤーの中には熟練したスキルを持つプレイヤーもおり、エアガジェットを使いこなすことでの脅威が垣間見える一幕もありました。 最後に、最下位に位置してしまっている『モンク』ですが、海外では「レッドフィスト」の呼称で脅威と認識されているため、海外版の大会においてこの使用率がどう変わってくるのかは楽しみでもあります。

【マテリア起用率】

順位 マテリア 使用率
1 ファイア 19.6%
2 ブライン 16.5%
3 エアロ 13.8%
4 レイズ 11.4%
5 サンダー 9.1%
6 ウォータ 8.5%
7 ケアル 6.1%
8 ブリザド 6.0%
9 バイオ 5.1%
10 グラビデ 2.3%
11 テレポ 1.0%
12 コメット 0.6%

マテリアの起用率については、『ブライン』が大躍進となっております。 移動やアイテム収集時の安全確保はもちろん、戦闘時においてもレンジャーの『みやぶる』や『スナイパーアイ』と組み合わせることで一方的に敵の位置を確認した状態で戦闘ができるようになるなど、今大会で幅広い戦略に組み込まれているマテリアとなりました。 また、『レイズ』の価値も非常に高く、ダウンした味方を速やかに復帰させることでカウンター攻撃を行う場面など、攻撃マテリアはもちろんのこと、サポートのタイミングや精度の高さがそのまま勝ちにつながることも少なくありませんでした。 さて、次は決勝戦の各マッチで勝利したチームのスタイルやマテリアセット、銃の選択などのデータをお届けしたいと思います。 上位者の構成から何か皆さまの気づきにつながれば幸いです。

【決勝戦 勝利チームのプリセット一覧】 ◆第一試合

スタイル アビリティ マテリア
ニンジャ かくれる ARリーサルゲイズ ファイアブラインレイズ
ARリーサルゲイズ
ソーサラー トランス ARバトルライフルMOD2 ウォータサンダーエアロ
SGエクリプスイーター
レンジャー みやぶる SR五式狙撃銃 ファイアブラインレイズ
HGレイジリボルバー

◆第二試合

スタイル アビリティ マテリア
ニンジャ 投刃縮地 ARリーサルゲイズ ファイアブラインレイズ
SMGリベリオンパニッシャー
ソーサラー マジカルスポット SR五式狙撃銃 サンダーブリザドケアル
LMGインフェルノブラスト
マシーナリー エアガジェット ARリーサルゲイズ ファイアブラインレイズ
SMGリベリオンパニッシャー

◆第三試合 

スタイル アビリティ マテリア
ニンジャ かくれる ARリーサルゲイズ ファイアブラインケアル
SMGリベリオンパニッシャー
ドラグーン ハイジャンプ AR神羅乙型突撃銃 ファイアブラインバイオ
SMGリベリオンパニッシャー
モンク ウォール HG87年式ハンドガン ブリザドエアロケアル
SRエグザキューター

◆第四試合

スタイル アビリティ マテリア
ニンジャ かくれる ARリーサルゲイズ ファイアブラインレイズ
ARリーサルゲイズ
ソーサラー トランス ARバトルライフルMOD2 ウォータサンダーエアロ
SMGリベリオンパニッシャー
レンジャー みやぶる ARバトルライフルMOD2 ファイアブラインレイズ
HGレイジリボルバー

◆第五試合

スタイル アビリティ マテリア
ニンジャ かくれる ARリーサルゲイズ ファイアブラインレイズ
ARリーサルゲイズ
ソーサラー トランス ARバトルライフルMOD2 ウォータサンダーエアロ
SMGリベリオンパニッシャー
レンジャー みやぶる ARリーサルゲイズ ファイアブラインバイオ
ARリーサルゲイズ

スタイルにおいては全体の使用率通りの分布となっていますが、アビリティまで注目すると『ニンジャ』や『ソーサラー』はチームごとに運用方法が異なっており、特に『ニンジャ』の『かくれる』はチームが半壊した場合の緊急離脱やソロで残ってしまった場合の位置取りなど、戦闘/移動時に高い効果を発揮する『投刃縮地』をあえて選ばない戦略が功を奏す場面も多くありました。 銃の採用率では、同系統の銃や連射系の銃で固める構成にするチームが多いように見受けられます。後半の弾切れ対策や乱戦時のリターンの高さから単発を好んで採用するチームもおりましたが、上位チームの多くは確実に1マガジン×銃2種で倒し切る構成としているような気概を感じました。 マテリアはやはり『ブライン』の採用率が高く、最低2人は所持している構成になっていました。 また、ウォータはそこまで採用率は高くなかったのですが、上下への誘導が強い特性を生かし、エアロや高所からの急襲に合わせて使用しているシーンが印象的でした。 いかがだったでしょうか。 どのチームも銃やマテリアの構成にチームならではの戦略が感じられる構成で、決勝のために手になじむセットアップを考えてきていただけたのだろうと情報を拝見しながら先日の大会を思い出し、また胸が熱くなってまいりました。 是非今回の情報も踏まえて今後のバトルに活かしていただければ幸いです。

夏イベント:水神スプラッシュ開催!

本日7月19日より、いつもとは少し変わった遊び方を楽しんでいただける「夏イベント:水神スプラッシュ」を開催いたします。

フィールド変化

イベント期間中はMAPに2つの大きな変化が発生します。 1つは『スプラッシュ』というフィールドギミックです。 『スプラッシュ』は移動しながら踏みつけることで進行方向に慣性が強く働く長距離ジャンプが可能となるギミックで、MAPの各所に発生し、バトル毎に発生位置も異なります。 これまでは一部のスタイルやマテリアだけが上空へのアクセスとなっていましたが、イベント期間中は『スプラッシュ』をうまく駆使することで空中戦を楽しむことが可能となります。

2つ目は危険地帯の変化です。 これまで危険地帯は緑色の魔晄フィールドとなっていましたが、イベント期間中は大海原フィールドに変化します。一見すると見た目の変化だけなのですが、後述するイベント専用の水着を着用した状態だと危険地帯のダメージを半減することが可能となります。

ロッカーシステム

ロッカーシステムは今回のイベントの目玉の1つで、イベント期間中は訓練フィールドの各地に『ロッカー』が出現します。 ロッカーには異常事態を有利に乗り切るための『イベント専用の水着』が入っており、宝箱や補給コンテナから手に入る『ロッカーの鍵』を使用することで着替えることができます。

さらに、イベント専用の水着は全部で7種類存在し、それぞれ能力を1つ所持しています。

イベント専用の水着はロッカーにアクセスすることでランダムに決定されますが、一度装着した状態でも再度『ロッカーの鍵』を入手してロッカーにアクセスすることで新しいイベント専用の水着に着替えることが可能です。 また、イベント専用の水着は累計300ダメージを受けると解除されてしまうため、被弾/被ダメージにはご注意ください。 ※このロッカーシステム並びにイベント専用の水着のみランクマッチには適用されず、メインマッチのみの適用となります。

水神メダル

イベント期間中、訓練フィールドに『水神メダル』が各地に出現します。 『水神メダル』は緑色のノーマルメダルと赤色のスペシャルメダルの2種類が存在します。 スペシャルメダルはノーマルメダル5枚分とお得ですが、地上には出現せず、スプラッシュでジャンプした空中に出現することが多いです。 是非スプラッシュを利用して移動しつつ、水神メダルを探してみてください。

また、バトル中に集めたメダルはそのままHOMEに持ち帰ることができ、『水神メダル』を消費することでイベント専用パック『水神スプラッシュパック』を引くことが可能です。 是非メダルをたくさん集めて『水神スプラッシュパック』からイベント限定のスキンやアイテムを入手してください。 ※バトル中にキルされた場合でも、そのバトル中に集めたメダルは自動的にHOMEに持ち帰ります。

水神スプラッシュ 限定イベント開催

期間中にログインするだけで水神メダルが入手できるログインボーナスを開催します。 また、イベント専用チャレンジでは大量の水神メダルやSP神羅パックチケットが獲得可能です。 バトルで水神メダルを集めつつ、チャレンジを達成し、イベントをどんどんプレイしてください!

サマーイベント 限定スキン登場

イベント期間中、セレクトショップに限定スキンが登場! さらに、リヴァイアサンをモチーフとした特別なスキンが入手できるイベントガチャも同時開催!

プライベートマッチのカスタムルール実装について

こちらは大変お待たせいたしました! 本日よりアンバサダーの方のみの先行公開となりますがプライベートマッチに下記のカスタムルールが適用できるようになります。※一般公開は8月中を予定しております  ◆アイテム(銃、弾薬、マテリア、消費アイテム、アクセサリ、指令、召喚)の個別出現ON/OFF設定  ◆安全地帯の収縮が早いファストバトロワモード『短期決戦』の設定 また、上記加えて下記2点の開発も進行しており、順次追加予定です。  ◆マップの昼夜選択  ◆安全地帯収縮OFF(安全地帯が収縮せず、最大範囲のまま30分間プレイできるバトロワモード) 引き続き、より自由度の高いプライベートマッチの実現に向けてアップデートを追加してく予定でおりますので、また今後のアップデートのお知らせをお待ちくださいませ。

バランス調整(7月19日実施)

▼レンジャー『バレットマスター』の調整 →リロード時間の短縮割合を『20%→50%』に向上 ▼マシーナリー『エアガジェット』の調整 →基礎速度の上昇 →旋回性能の向上 →ジャンプの速さと高度を上昇 →オブジェクトに当たった際の引っかかりを軽減 ▼『デュアルホイール』のチャージ後の射撃性性能を向上 →弾速を大幅に上昇 →最大射程距離を延長 →弾の拡散収束度を向上(ADS時は更に向上) →最大発射可能回数を『3回→5回』に向上

改修(7月19日実施)

・自分のオンラインステータスを変更する機能を追加  オンラインステータスを隠す、チーム招待歓迎、など、自分の現在の状態表示を設定することが可能となります。 ・商品購入時に同時購入されている人気アイテムのレコメンド表示機能を追加

不具合修正(7月19日実施)

・意図しない不具合が発生しやすい状況になっていたため、宝箱、補給コンテナ、宝物庫の扉、イベント関連のギミックなどで表示されるボタンを押して実行中の表示が出ている間は、マテリアやアビリティが使えないように修正 ・再接続した場合、デュアルホイールの弾数不整合が発生し、射撃できなくなることがある不具合を修正 ・レンジャーのスキル「スナイパーアイ」において、味方にマーカーが共有されないことがある不具合を修正 ・エモート「不発」を実行した際、一部のスキンで表示がおかしくなることがある不具合を修正 ・死亡時に表示される自分をキルしたプレイヤーのバナーについて、異なるプレイヤーのバナーがでることがある不具合を修正 ・一部のVホロエモートで音量が小さかった不具合を修正 ・マッチにおいて、マッチング開始後にタイトル画面に戻ってから再度ホームに戻って来た場合に、マッチングボタンが正常に表示されない不具合を修正

以上、運営だよりvol.8でした。 夏も本番となり、暑い日々が続いておりますが、皆さま体調等崩さずお過ごしいただけておりますでしょうか。その暑さから外に一歩出るのを躊躇してしまう日もあると思います。 そんな時はぜひ空調の効いた部屋で、見た目から涼しくなれる現在開催中のイベント『水神スプラッシュ』をお楽しみください。 また、既に8月後半の新モード実装やSeason4の開発も進んでおり、これまでとはまた違った遊び方を皆さまにお届けできる内容に仕上がる予定ですので、今後の追加情報も是非お待ちいただけますと幸いです。 引き続き、『FINAL FANTASY VII THE FIRST SOLDIER』をよろしくお願いいたします。

PAGE TOP